労働者が与党をあてにできないリアリズム

前回記事(なぜ労組は政治活動をしなくてはならないのか(追記アリ - tikani_nemuru_M’s blog)の追記のとおり、ブクマコメなどに応答する。なんか長くなりそうなので数回にわけることになる。
「なぜ労組は護憲だの平和だのをやるのか」について前回の説明は確かに少々不親切なものであったのでそのあたりを掘り下げたいのだが、今回はその前提となるところを述べることになる。
 
 

前回記事への反応でもっとも多かったのは、
 
基本的本質的な部分はわかってるので「何故優先順位や力をかける熱量が我々の求めるものと違うのか」このあたりで労働者たちの信用を得られていないことが今の労組の問題点じゃないのかな?

 

 
に代表される「労組に政治活動が必要なのはわかってるんだよ。ただ、リソース配分がおかしいだろ」というものであった。
これは当然の反応だ。僕も前回結論部で書いたとおり、僕自身も平和活動や護憲運動については必要性は認めているが、冷淡に接している。なんでこういうリソース配分になっちゃっているのか、という話をこれから数回かけて考えていくつもり。
 
 
ただ、「基本的本質的な部分はわかってる」というのは道理のわかる人にとってはその通りではあろう。しかし労組の政治活動について頭ごなしに否定するブクマもいくつか見られたのも確かだ。労組の政治活動の必要性を説明することに明らかに重点をおいた前回記事に対して、すり替えだのごまかしだのとわめきちらすだけのブクマも一定数見られた。無論、労組の政治活動の重要性を否定するなんらの具体的な論拠をともなったものは700を超えるブクマのなかにただのひとつもなかった(あるわけないのだが)。
「労組の政治活動の必要性自体を否定するものはいない」というブコメもちらほらあるが、現にそれがどうしてもわからない、あるいはわかりたくない馬鹿はブクマで可視化されているし、決して例外の存在ではない。基本的な道理を前提を確認する必要があったことをまず再確認しておく。労組の政治活動は必須だ。
 
 
また、現状の労組に大いに問題があることと、政治活動が絶対的に必要であることはもちろん両立する。ここがわかってなさそうなブコメもちらほらあった。
 
 

で、ここでまず応答するのは
 
他の人も書いてるけどまじで政治活動が必要だっていうならもっと与党と丹念に調整をして実利を引っ張ってこいよ。政治とは利害調整だぞ。反与党で吹き上がるだけの政治活動なんてむしろ労働者の足引っ張ってるだろ。
 
労働法改正が狙いなら与党にロビイングしたほうが効率良くない?

 

 
あたりに代表される意見だ。前回記事へのブログへのコメントにも同趣旨のものがあった。
 
 
こうした意見は政治的なリアリズムをもとにしたもののように一見思えるのだが、実際はその逆であることを説明しよう。ほぼ3ステップで事足りる話である。
 
 
1)政党政治における政党というのは、ぶっちゃけ支持基盤の利益代表である
2)自民党は基本的に資本家(財界や自営業者など)の利益を代表する政党である 
3)資本主義社会において、資本家(経営側)と労働者は構造的に利害が対立する
 
 
いいですかい?
自民党には財界という昔からなかよくツーカーで仲良しこよしの関係をきずいてきた、しかもふっとーいパトロンがいるんですよ。
もちろん、政治家や政党なんてものは貪欲なものだから、援助してくれるなら拒まないし美味しい汁は吸いたいだろう。
しかしね、財界と労働者ってのは構造的に利益が対立しているわけで、労働者のいうことを本気で聞いたらぶっといパトロンの財界側を怒らせることになるなんて当たり前もいいところ。自民党が労働者の利益のために本気で動くなんて妄想は、お花畑の極限超えですよ。
それとも労働界と財界で与党に貢ぎ合戦をするの? 資金力だけで考えても勝ち目がないうえ、自民のセンセイがたの多くは労働運動なんて生理的に好かないお歴々ですよ。
 
 
もちろん、資本家といっても様々でその権益構造も複雑であり一枚岩ではない。それに、労働者には消費者の一面もあってあまりにも搾り取るのも資本家にとってあまり都合がよくないわけで、資本家側が十分に儲けたあとの残りをお情けで労働者側に放り投げて与えてくれることはあるだろう。
まあ、現状の与党主導の賃上げはこれでしょう。
 
 
現時点で労組が野党を見限って与党にすり寄るとする。これはいわば身売りなわけだけど、現状の与党一強状態で高く売れるわけがない。身売りとか裏切りってのは、その行為が勝敗に決定的な影響を与えるときに大きな意味があるわけで、そのときなら高く売れるわけです。
現時点で労組が与党に身売りすると、野党はもうさらに壊滅的な打撃を受けることになり、与党の基盤はますます盤石になる。するとかえって労組なんて与党にとっては不要になるわけ。もともと対立していた「敵」が、勝ち馬に乗ろうとしてすり寄ってきたら、とりあえず甘いことをいって引き入れて、あとは好きなように料理し放題ですね。貢ぐだけ貢がせて捨てるのが基本です。
これがリアリズムだよね♪
 
 

そんなわけで、資本家に構造的に利害が対立する労働者が自分たちの利益実現を政治の場で求めるのであれば、資本家を支持基盤とする保守政党にすり寄るのはなんの意味もないというかほとんど自殺です。コスパの問題まで考慮したとしても、野党に協力したほうがはるかにマシ。特に、労組の協力がなければ勝てない野党に労働者の利益を実現させるのがどう考えてもよいということになる。
 
 
ところで構造的に対立する間柄であれば、利害調整というのはなおさら必要だというのも道理であり、ご存じないブクマカも多かったようだが現実に労組は自民党にロビイング活動をしている(そのことを指摘したブコメもあった)。とはいえ、対立する勢力が互いに勢力が拮抗しているときこそ利害調整が本当に意味を持つわけであり、与党へのロビイングを重視する立場からいっても野党がもっと強くなければならない。
 
 
とにかくね、構造的・原理的に考えても、マキャベリズムにのっとって考えても、功利的に考えても、労働者の利益を政治の場で実現させるためには野党を強くする以外の方法なんてないわけ。野党がだらしなかろうが、労組が腐敗してようが、他の方法はないっす。少なくとも僕には思いつかないし、他の方法を考えついたら政治史に残る大発見というか革命的な出来事なんじゃなかろうか?
 
 
たぶん、このあたりの論考に対してキイキイとなんの中身もないレッテル貼の攻撃する連中がいるとは思うけど、これは与党の支持基盤は資本家であるという事実と資本家と労働者は構造的に対立するという事実に基づいて考えると自明の結論となります。歴史的に労働運動とか労働者の政党がどういうロジックで成立したかというあらっぽーい説明にもなっている。労働者側が保守政党に頼ってこなかったことにはリアルな理由があるわけです。先人は馬鹿ではない。
 
 

次に応答するのは「労組は自分の利害以外のことも強制されるからだめ」とかいう意見だ。ブコメにもいくつかあったが、この意見をこれからdisるので名指しの引用はしない。
 
 
これね、気持ちはよーくわかる。政策セットを押し付けられるのは嫌だよね。
しかし、気持ちはわかるんだけど、政治的に活動するというのはどういうことか理解ができていない。
 
 
他者と政治的に協力するということは、自分の問題を他者にも担ってもらう代わりに、自分の問題を他者に担ってもらう他人の問題を自分が担うということだ。他者の協力が欲しければ、同盟するか雇うしかない。金持ちならば傭兵をやとって、自分のしたいことだけに注力できるだろうが、持たざる者は他者と同盟をくんでお互いの問題を共有して対処するしかないわけだ。
 
 
例えば、だ。
表現の自由」なり「労働者の権利」なりのシングルイシューを唱えてある候補が選挙にとおったとしても、その意見を通すためには大抵の場合はいずれかの政党に属して自らの発言力を担保しなければならない。議員ひとりひとりに長々と発現させるような時間的なリソースの余裕はなく、無所属の一匹オオカミでは議会で発言の機会すらそうそう与えられない。
そこで政党に属したとすると、政党には党議拘束というものがあり、「表現の自由」とか「労働者の権利」とかいうシングルイシューだけで活動することは認められない。自分の問題を党にやってもらう代わりに、党の提起する他人の問題もやらなければならない。
これ、政党政治どころか、他者と協力して生きるということの根本だよね。
 
 
なんの見返りもなく言うことを聞いてくれるってのは、パパママくらいなもんです。
自分の利害や興味関心と関係ないことはいっさいやりたくない。労組や政党に関わると自分の利害や興味関心からはずれたことをしなければならないからご免だ、というのは、「労組や政党が僕のパパママじゃないから嫌だい」とガキが喚いているのに等しい。僕もガキだから気持ちはわかるけれど。
 
 

さてここで先ほどの問題にもどるのだが、他人の問題を共有するといっても、その「他人の問題」が自分の利害と相反するものであったら、さすがに協力などできない。いくら労働者が苦境を訴えていても、財界を支持基盤とする与党自民党が労働者の利益を本気で実現しようとするはずがない。
同盟とか協力というのは、利害が対立しないところではじめて成り立つものだ。本当に当たり前のことですよね。
 
 
そして、利害が対立しない限りにおいては、自分の利害ばかりを主張してはならない。協力して力を合わせなければ、自分の利益を実現するだけの力を持つことはできない。政治ってのはそういう風に成り立っているわけです。
シングルイシューではせいぜい泡沫政党にしかなれず、政治的な力を持つためには利益が相反しないひとたちを広く集める必要がでてくる。    
 
 

というわけで今回は徹頭徹尾、政治におけるリアリズムの根っこのところを焦点に据えました。徹頭徹尾、当たり前のことしか書いてません。
この辺りの、構造的な対立と同盟協力の必要性を前提として、ようやく労組が護憲だの平和だのと念仏のように唱えるわけを説明することができる。次回はこのあたりの話をします。
会社の決算で忙しいんで、ちょっと時間がかかるかもしれない。

なぜ労組は政治活動をしなくてはならないのか(追記アリ

承前
 
労働者としての権利を主張したいけど平和運動政治運動別にしたくない」って労働者の立場は?
なんで混ぜるの?
と増田はおっしゃる。
上記増田だけでなく記事へのブクマも含めて、「労組が政治活動をするのは当然であり、政治活動は労組の本分ともいえる」という道理がわからない人が大量発生しているようなので、その理由を述べてみよう。
 
 

以前にも何度かはてダのブログにも書いたが、僕は地方都市のユニオンにかかわっている。
ユニオンに労働問題を持ち込んでくる人たちは、基本的に零細企業や派遣、非正規雇用の労働者が多く、相談内容はパワハラ・セクハラ、不当解雇、有給取得などに関するものが多い。リンクした増田のいっている意味で、組合員の現実的な利益を守るための活動を行っているわけだ。
もちろん、ひどい事例が集約されて駆け込みがあるという面はあるにしても、「サビ残を拒否して反抗的だからクビ」とか「有給取得を主張したから減給」とか「暗いやつで気に食わないからいじめてやる」とかいうあまりにもムチャクチャな雇用主は零細企業にはさして珍しくもないのである。「日本では労働者の権利が強すぎる」から解雇自由にしろとかいう「識者」もいらっしゃるが、中小零細企業の実態を知れば、そんなものは笑えない戯言だね。
 
 

2

労組として雇用主と折衝する機会はよくある。いわゆる団体交渉、団交というやつ。団交の場で僕らユニオンがもっともよく使う道具は、労働法や社会保険関連法である。
「うちの就業規則では試用期間は1年だから、1年間は厚生年金も社会保険もいれなくていいんだよ」
労基法では試用期間は14日だし、そもそも試用期間中でも年金も保険もいれなくちゃいけないのです。それ真っ黒の違法ですな」
「うちの就業規則ではそれでいいんだ!」
就業規則よりも法律が優先。御社の言い分は出るとこに出たら絶対にまるで通りませんけど、裁判やります?」
などというやりとりは何度もしている。
 
 
無茶なことを言う雇用主には、「違法」という指摘はそれなりに有効だ。「労働法なにそれおいしいの?」な雇用主はやっていることが違法スパイラルであるので、あれもこれも違法とつめていくことで優位な交渉ができる。ブラック職場では労働者側が無知であったり立場が弱かったりで雇用主はやり放題なのだが、いったん腹をくくって法をもって戦う気になれば勝率は高い。
 
 
ただし
違法状態に居直るブラック雇用主というのは厄介である。
「法にはそう書いてあるけど、書いてあるだけで罰則ねーじゃん。そんなの知らねえなあ」
本当にこういうやついるんですよ。
相手がタチが悪ければ悪いだけ、こちらも有効手段が少なくなるという理不尽な話となる*1
 
 

3

法に基づいて組合員の権利を守るためには、法がもっと使い勝手のよいものになってほしい。ここで細かく書くのは面倒だからやらないが、労働法関係は罰則規定があるべきものに罰則がなく、罰則規定があってもその運用において実際に罰則が適用されることが多くない。一例だけあげると、有給取得させなくても2019年3月まで罰則がなかったし、違法な残業は懲役刑まであるけどそれで雇用主がブタ箱にぶち込まれた例ってのはほとんどない(あったら教えて)。電通の過労死事件でも罰金たったの50万だもんね。
 
 
労働者のリアルな権利をリアルな生活を守るためにもっとも有効で現実的な方法のひとつが法改正なんです。
労働者のための法律を国会で通すためにはどうすればいい?
政治活動するしかねえだろ?
労働者の権利を擁護する政党を組織的に応援する以上に現実的で有効な労組のやるべき活動ってそうそうないぞ。まさに労組の本分だね。
 
 
悪質な残業には、現行でも懲役刑もありえることになってるけど、実際には適用されない。悪質な残業はやり放題だ。法の運用を変える必要がある。しかし、法の運用を変えるためには、国会でガンガン問題にしなければならないし、また労基署の人員増なども考えなくてはならない。
それには予算をくまなくてはならない。
ええ、これももちろん政治です。政治的な影響力を持たなくてはならない。
 
 
冒頭にリンクした増田をはじめ、ブクマで「労組が政治をやる理由がわからない」とかおっしゃってくれちゃっているお歴々は、こんな簡単な道理もわからんの?
労働者の現実的な利益を守れ、みたいなことを言っているくせに、労働者の利益を現実的にどうやったら守ることができるのか考えたこともないだろ、おまえら。
 
 

4

基本的なところはもう終わってるが、いわゆる護憲活動や平和活動との関連についても述べておく。
まず護憲だが、労働者の権利と諸人権というのはもちろん切っても切れない関係だ。デモやストなんかについては、自由権とりわけ表現の自由のいち形態として捉えるという考え方が最近の憲法学でもでてきているようである。なににしても、その憲法改正案からも明らかなように、人権を制約したがっている自民党に労組が反対するなんて当たり前じゃん。
平和活動についてだけど、戦時中の日本の労働条件ってどんなもんだか知ってるか? 月月火水木金金って知ってるか? 土日なんてなく働けって政府がいってたんだぞ。で、休みなく働かせるために、工場労働者に覚せい剤配ってたの知ってるか? 軍需物資運搬のために民間船が大量に徴用され、軍需物資を運んでいるがゆえに沈められ、労働者が大量に亡くなったのを知ってるか? 慰安婦問題や徴用工問題も、あれは基本的に労働問題として考えるべきだぞ。とにかくな、労働者の現実的な待遇を考えたら、戦争ってのはもう最悪もいいところなんだよ。
 
 
そもそも戦時中に労組がどんだけ弾圧されたと思ってんだ?
特権階級の利益のための政治をする連中ってのは、例外なく労組が嫌いなんだよ。労組ってのは特権のない連中の権利を擁護するためのものだからな。侵略戦争ってのは特権階級が儲けるためにおっぱじめるものであるから、それに労組が反対するってのは当たり前もいいところだ。
 
 

5

ついでに、「政治活動とか平和活動とか、余計なことをするから労組の組織率が落ちてんだよ」論にも、あくまで私見としてだが反論しておく。
 
 
労組の影響力が目に見えて落ちてくるのと非正規雇用の労働者(派遣だの契約社員だの)が増えることは連動しているとよくいわれる。日本の労組は会社別の正規雇用の集団であることが多く、うちわでの権利擁護には熱心でも非正規雇用労働者の権利擁護にはあまり熱心とはいえなかった。日本の労組が会社別であることは、日本型雇用と密接に関連した問題で、会社別労組が非正規労働者を自分の問題と考えなかったことは仕方ない一面があるとはいえ、もっとなんとかすべきだった。
いわゆる正社員と非正規社員は身分制になぞらえることがある。非正規雇用の労働者から見れば、「労働者の権利」なんてものは正社員という既得権益の保持に見られても仕方ない。企業の都合による非正規雇用の拡大、それに続く正社員の特権化を許すべきではなかったんだ。
 
 
例えば一連の派遣法の改悪。
もちろん労組は自民党の派遣法改悪に反対はしてたよ。でももっともっと政治活動をして派遣法改悪を阻止すべきだった。大企業の正規雇用が中心の労組にとって、派遣ってのは自分たちの問題ではなかった。大企業の労組は、派遣社員の待遇という他人事に政治的に関わるよりも、自分たちの利益にかまけていたんだよ。
いいか、増田やその同調者がそうするべきだといっているように、大企業の労組は自分たちの利益を優先して、派遣法の改悪という政治的な案件を本気でやらなかったんだ。それで今の有様だ。
 
 
自分たちの正当な利益を擁護するのは当然だ。しかし、自分たちの利益だけを追求していくと、特権とか既得権益保持に流されちゃうわけだ。挙句の果てに「労働貴族」ですよ。
平和運動や護憲活動が悪いんじゃない。特権化がガンだ。増田の言うとおりにした結果、特権化して非正規雇用労働者を取り込めなくなったのが今の労組だ。
 
 
 

6

とまあ、こんなことを書いてきたが、僕自身は平和活動とか護憲活動の類にはほとんど顔を出していない。確かにいろいろとピントのずれているところは多々あると僕も感じる。
市議会議員でもっとも糞でほんとになんでこんなにこいつは糞なんだとおもうくらいひどい糞議員が、地元のでかい会社の労組の推薦だとかいうゲロ臭い事例も知っている。
活動している人たちのマウントのとりあいにはうんざりだ。
3.11当時の低線量被曝でデマ同然のことを言い出した人がいたことも決して忘れていない。
要するにな、僕も労組にはいいたいことが山ほどあるんだよ。
 
 
しかしね
政治活動をしているから駄目だ、みたいな言い草は問題外。
労組に政治活動は絶対的に不可欠。
労働者の現実の生活を守るためには日常的な権利取得も重要だがそれだけでは足りない。
労働者のための法を通し、労働者の生活のための予算をくまなくてはならない。
この辺の当たり前の道理はわきまえてほしいもんだ。

 

 

追記 5/9 14時ごろ

千客万来で少々おどろいている。また、応答の必要も感じている。

週末から週明けくらいまでに、ブコメ応答の記事をあげる。

「なぜ労組は瀕死のくせに護憲や平和主義にリソースぶっこむのか」

について、僕なりの解説をすることを中心としていくつか応答する予定。

 

*1:まあ、あんまりあくどい相手だと、自宅や会社近くで街宣やったりとかいろいろやり方もあるのだがw

愚昧かつ場当たりの移行

はてなダイアリーからはてなブログへの移行を完全にさぼっていたら、インポートもできなくなっていた。我ながら愚昧である。

はてな当局が旧はてダをはてなブログに自動的に強制移行することになっているようだが、自分のはてダが移行したかどうかもわからぬ。しかし、はてな当局がいうところではリダイレクトされることになっているはずの旧はてダが未だに表示されるところをみると、まだ移行がされていないのであろう。

書きたい記事もあるのでとりあえず新しい記事置き場をつくることとする。旧記事が移行したところができたら、どちらかに統一するとしよう。たぶんなんとかなるだろう。